2014年06月24日

第一回!おっぱい相談室×まみクル♪

7月11日発行、まみたん8月号掲載のおっぱい相談を先行でブログ掲載中♪

第一回!おっぱい相談室×まみクル♪

「おっぱいは白い血液。
ママと赤ちゃん本来の力で自然な子育てを」

今回のマミくるは母乳育児相談室の澤先生にお話をお伺いしました。
その名も「第一回!おっぱい相談室」

IMG_8784.JPG

澤 典子先生

桶谷式を初めてから三十年。ラジオや講座でも活躍。
お答えしてくれるのは育児中のママの駆け込み寺、母乳育児相談室の澤先生です。
ママ誰もが通るおっぱいの悩みを経験豊富な澤先生がアドバイス♪

「張らないおっぱいは程いいおっぱい。張らないからと悩まなくても大丈夫ですよ!」




◆産後のおっぱいについて

Q おっぱいが滲む程度しか出ません。ほとんど出ない人っているんですか?
A おっぱいはすわさないとでません。産後三ヶ月くらいで「出ないのかも」と諦めてしまわず、根気良く飲ませること。出てないおっぱいを赤ちゃんは吸いません。

Q 自分で絞ってもほとんど出ません。赤ちゃんは飲めてるのでしょうか?
A 絞って出る量と赤ちゃんが吸う量は別物です。吸われて出るものなのですよ。なので赤ちゃんが吸っていればおっぱいは出ています。大丈夫!

Q 一ヶ月検診時で体重が減ってしまいました。母乳が足りてないのでしょうか。
A 1日3〜4回以上のおしっこがあるか、機嫌や皮膚の状態をみて下さいね。
母乳のお子様は体重の増え方がゆっくりの様です。悩まずに専門の先生に診てもらって下さい。 

Q 赤ちゃんが吸い疲れて吸わないことはありますか?
A 疲れて吸わない事は無いと思いますが、母乳の成分の中には赤ちゃんの気持ちを穏やかにする作用があり
すぐに寝てしまう赤ちゃんが多いです。寝入ってしまわない様に両方短時間で変えながら授乳して下さい。 

Q 母乳だから預けづらいです。預けたとき授乳は、やはりミルクですか?
A 母乳育ちの赤ちゃんは、哺乳瓶からはなかなか飲みませんよね。そうゆうときは、スプーンかコップで授乳しましょう。舌で巻きつける動作が似てるんですよ。カレースプーンなど、おおきめのスプーンに掬い、赤ちゃんのベロに添えてみましょう。






IMG_8792.JPG

◆妊娠期間のおっぱい

Q おっぱいマッサージは必要?
A 胎盤が出ないうちにおっぱいをいじらないこと。胎盤でおっぱいが出るのを停めているから、静かにしてお風呂などで乳かすを取る程度にしましょう。妊娠中に乳腺が詰まると、吸わせる事ができないので治療しづらくなります。何もしなくても吸わせると出るようになるので、大丈夫ですよ。

◆断乳について
Q 1才半でまだ断乳できておらず焦る
 おっぱいは3時間以上空くと新鮮なものではなくなります。質のいいおっぱいをあげたいですよね。時間が空いてしまうようなら、断乳のタイミングかもしれません。無理な断乳は夜泣きなどの原因にもなります。
一人でしっかり歩ける・授乳時間が3時間以上空く、を目安に断乳しましょう。お母さんと赤ちゃんの気持ちが一緒になったタイミングが1番良いですね。

断乳後のおっぱい、しぼったほうが良いですか?
A 遅いということはありませんが、できるだけ早めにおっぱいを見れる所に行って頂いて、絞った方が良いですね。
さらさらしたものなら自分で絞れますが、濃くなってくるとご自身では絞りづらくなります。
また、産後2ヶ月など早期の断乳はお乳をだすホルモンが作用しているので止まりづらいです。母乳の相談やマッサージが出来るところに通ったりして、断乳するには6ヶ月くらいは期間が要りますね。

Q 断乳したいけれど2人目が出来ました。おっぱいをやめるタイミングがわかりません・・・
A 胎盤が出来てくると、母乳は作られなくなります。飲ませていても大丈夫ですが、おりものやお腹の張りなどの状態を診ないといけないのでかかりつけの先生に相談して下さい。




◆病気のときの授乳
Q 病気は母乳からうつりますか?
A 母乳から病気がうつることはあまりありませんが、風邪の時はマスクをして下さいね。病気の時はかかりつけの先生にご相談くださいね。

 乳頭亀裂のときオイルをぬりました。ラップもしましたが、他に治療はありますか?
 乳頭亀裂は痛い!!ので授乳間隔が長くなります。おっぱいが溜まるとより悪化しますので、出来れば早めの授乳をしつつ、我慢せず専門の先生にご相談くださいね。


◆おっぱいの形などについて
Q おっぱいが垂れたり広がったり・・戻すマッサージはありますか?
A 赤ちゃんが飲むことによって、いいおっぱい。やわらかいおっぱいになります。
締め付けるブラジャーはよくないですね。おっぱいは血液ですので、ワイヤーのないようなブラジャーを選びましょう。
垂れるなど、形状のことは毎日運動や筋力トレーニングをすることですね。努力しかありません。

◆これからの時期の子育てアドバイス

★梅雨から夏にかけて、お子様は夜布団をけってしまいますよね。
大きな間接部分、ひじ、ひざ、などを冷やさないよう長袖長ズボンをおすすめします。
赤ちゃんなら体温調節が難しいので、尚更ですね。

★病気のときや暑いとき、ベビー・子供用スポーツドリンクを飲ませてませんか?
糖分が虫歯の原因になります。母乳のママはそのようなものは必要ありませんので、授乳期ならお茶、断乳後ならお茶で乗り切りましょう。下痢や病気のときも同様で、母乳だけで十分ですよ。



おっぱいは軌道にのれば増えていく!
色々言われることも多いけど、
あんまり悩まずにママと赤ちゃんの力を信じていれば大丈夫。

まみクルたちの感想・・・♪


IMG_8805.JPG おっぱい相談会は大成功♪

むっちゃん★さんより

母乳相談室と言う所があること、母乳の素晴らしさを聞き初めて知る事や驚く事がいっぱいでした。
私自身、1人目を母乳育児している時は量が足りているのか?乳腺炎には何度もなり不安でいっぱいでした。
早く知っていたら母乳育児をもっと楽しめたのではないかと感じました。
澤先生は専門的な知識があるだけではなく、とても安心して話ができる方なので体験が終わった後は心が軽くなりました。
貴重な体験が出来て良かったです。
澤先生、ありがとうございます。



しぃねさんより

母乳相談室があるのを初めて知りました。話を聞いてみると初めて聞いたことや、知っていたけども実は違っていたことなどがありました。澤先生だけじゃなく、母乳相談室は全国にあるらしいのでもう少し早く知っていたら良かったなと思いました。
有り難うございました。



楓ママさんより

あるのは知っていて行きにくいイメージがありましたが

今日は 行けて良かったです
とても しゃべりやすい先生で 良かったです





澤母乳育児相談室 ご連絡先
澤 典子先生
〒640-8326 
和歌山市新留丁32 
TEL(昼):073-422-2375 
水曜日定休日
9:00〜11:30(要予約)

おっぱいに関しての質問は随時、募集中!この中からピックアップして誌面に掲載、
澤先生にお伝えしお答えさせていただきます。



posted by 【泉州版・和歌山版】まみたん編集部 at 16:48 | 大阪 ☀ | 桶谷式 おっぱい相談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする